PDCAの軽視

Created
Dec 26, 2021 4:16 AM
Tags
  • PDCAサイクル()
    • Plan → Do → Check → Action
    • PDCAが軽視(舐められてる)されがちな状況
  • 粗悪なP(Plan)
    • 「Planを立てる」の深さと難しさ
      • 不確実性(リスク)を認識し、状況と手立てを組んで可視化
    • Planに破綻や想定漏れがあれば成功確度が下がる
    • 蓋然性の高いPlanningを出来ないからPDCAが死ぬ
      • 質が満たせない
      • 必要な速度を満たせない
    • Planに時間をかけすぎてしまい、Doできない
      • 頭でっかち
      • 何も起きない
      • 特にプロダクト開発においては、アウトプット(ユーザーさんに提供すること)の反応みが真のインプット、Doしなければ何も起きない
  • C(Check)とC → A(Action)の死
    • 浅いCheckで何もわからない
    • CheckをActionに繋げず放置
    • 結果何も改善されない
  • 時間をかけて粗悪なPlanをつくって、やりっぱなしで放置される
    • 成果に繋がらない
    • 「PDCAは意味がない」
  • じゃあどうする?
    • 個人と組織
      • 個人
        • 確らしさと網羅性(状況想定)のあるPlanningの努力を払う
        • 一人で遂行すると想定漏れが起きやすい
          • 想定をさぼったときだけじゃなくて、想定する努力をしても想定できないから想定外がうまれる
          • 適切なレビューの仕組みをつくる
      • 組織
        • PもDもCもAも、一つ一つ大変なタスク
        • 成果に繋げるには適切なリソースが適量必要
    • ミニマムなPDCAの成功体験かれPDCA回し勝ち癖をつくっていく
      • 出来てないところには出来てないなりの背景がある
      • その状況でいきなり理想だけインストールして実行するのは難しい
      • 成功できるところで成功させる
        • 成功の癖をつくって拡大, 難化させていくプロセスはどの領域でも活用可能
  • 番外編
    • OODAとは別の種類じゃない?
      • O(Observe)→ O(Orient)→ D(Decide)→ A(Act)
      • 二項対立ではなさそう
      • という問いだけ残して終わり